レンタルドレスを借りるなら知っておきたいドレスコード

花束でドレスに華を添える 友達や同僚の結婚式に招かれたときや、パーティの招待状が届いたときなど、どんなドレスをレンタルしようかと考えるだけでワクワクしてきます。レンタルドレスは買うよりもお手頃価格でドレスを用意できますし、豊富な種類が揃っているのでその場にあったタイプを準備することができます。そこで、知っておきたいのがドレスコートでしょう。レンタルドレスを借りたのはいいけれど、実際に出かけてみたら場違いな衣装では大変です。後悔しても時間は巻き戻せませんので、ドレスを選ぶ前に必ずドレスコードを抑えておくことをおすすめします。

ひとつば準礼装と呼ばれるセミフォーマルです。フォーマルなドレスというとこのタイプを思い浮かべる方も多いことでしょう。入学式や卒業式などによく選ばれているタイプで、結婚式や披露宴などでも好まれています。もしもパーティや結婚式の招待状が届いて、そのなかに正装でお越しくださいと書いてあった場合はセミフォーマルのドレスを選ぶと間違いありません。

パーティが昼間の時間帯で行われる場合は肩を出したり膝上が極端に短いタイプは避けましょう。肩が出るタイプのドレスを選ぶ場合は、ボレロなどを羽織って肩を隠すのがドレスコードとして正しい選択です。スカートの丈の長さは膝上、ひざ下ぐらいがちょうどいいとされています。また、夜の時間帯であれば肩が出ていても問題ありませんし、レンタルドレスの素材感が光沢のあるものでもかまいません。一般的にカクテルドレスと呼ばれるものを選ぶといいでしょう。

次に略礼装と呼ばれるインフォーマルですが、パーティや結婚式のほか食事会に招かれたときなどに着る装いです。平服もしくはカジュアルと指定されている場合にさすがにTシャツやジーパンなどで出かけるのはやめましょう。アンサンブルやワンピースなどのほかツーピースなどもよく選ばれています。足元はヒールタイプのパンプスがマナーです。レンタルドレスを借りるときにパンプスも一緒にレンタルすることをおすすめします。

ホテルなど少しお洒落な場所で食事をするときなどは、スマートエレガンスタイプがおすすめです。肩を露出しないように注意が必要です。イメージ的には少しお洒落な余所行きの服装という感覚です。レンタルドレスにはいろいろな種類のドレスが用意されているので、どこに何を目的に招かれたのか、それに合わせてドレスコードを守りつつ自分好みのドレスを選ぶようにしましょう。

最新ニュース